本棚にねこまんま

本棚にねこまんま

ねこ と ごはん

【猫で語る怪異】怖くて可愛い「こわいい」ねこ漫画

おすすめ度★★★★

怖い話が好きです。
怖い漫画も怖い映画も。
でも後からちょっと後悔します。
怖いものを見た記憶は心細い状況になるとふいに蘇るもので、
お風呂や夜中のトイレなど、日常生活に支障が出ることもしばしば。
もっと気軽に怖い話を楽しみたい!
後を引くような怖さは嫌だ!
そんな人におすすめのねこ漫画です。

「人間」と「猫」を置き換えて…

怖い漫画ってどんなイメージでしょう。
血だらけで、グロくて、気持ち悪い。
その本に触るのも躊躇してしまうような、おどろおどろしいものですよね。
そんな怖い漫画の常識をくつがえすのがこの本です。

f:id:hondananinekomanma:20170208181450p:plain

(出典 猫で語る怪異/TONO)

登場人物はみんな猫。
怖いのに可愛いなんてどういうことー!と頭が混乱しそうですが、
これが実にくせになります。
怖い、怖いんだけどお化けまで可愛い…
なんだか新感覚です。
怖い話なのに、おやつ感覚でさっくり読めちゃいます。

怪談は作者が人づてに聞いた話をアレンジしたそうで、
怖いだけでなく、不思議だったり、悲しかったりと、さまざま。
猫がかわいいから恐怖が抑えられているものの、
人間で想像しなおすと途端にぞっとします。
あまり深く考えず、猫は可愛いなぁ…と本を閉じた方が身のためですね。