本棚にねこまんま

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚にねこまんま

ねこ と ごはん

【がまくんとかえるくん】やめられないクッキー

f:id:hondananinekomanma:20170213182003j:plain

小学校の教科書でもおなじみの「がまくんとかえるくん」シリーズは
大人になってからも大好きな絵本のひとつ。

子どもの頃から何度も読み返している本ですが、
『クッキー』の話は読むたびに食べたくてたまらなくなります。

ある日、がまくんがとてつもなく美味しいクッキーを焼きます。
不器用なイメージのがまくんですが、意外に料理は上手なんです。

f:id:hondananinekomanma:20170213182122j:plain

かえるくんは 一つ たべました。
「これは いままでに たべた ことも
ないような おいしい クッキーだ!」
かえるくんが いいました。
ふたりは つぎつぎに たくさん たべました。
「ねぇ、がまくん。きみも わかってるだろ。」
かえるくんは 口いっぱい クッキーを
ほおばりながら いいました。
「もう たべるのを やめなくちゃ 
いけないと おもうな。
そうしないと じきに びょうきに なるよ。」
(引用 アーノルド・ローベル作・三木卓訳「ふたりはいっしょ」より)

食べすぎたら困ることといえば太ることですが、
病気になるから、っていうのが大げさで良いですよね。
これ以上クッキーを食べてしまわないように試行錯誤する2匹。
絵本独自のテンポが心地よく、オチも面白いです。
結末の詳細は控えますが、ヒントは鳥さん。

 

【材料】(直径8cm 16個分)

ホットケーキミックス 200g(1袋)
バター 100g
砂糖(今回は三温糖) 25g(大さじ3)
 1個
板チョコ 1枚 ~1枚半ぐらい

 

材料はあらかじめすぐに使えるように準備しておきます。
バターは常温に戻し、チョコは粗めに刻み、
オーブンは180度に予熱しておきます。

初めは砂糖を50gにする予定だったんですが、びびって半分に…
お菓子作り中の砂糖への恐怖感は異常。

f:id:hondananinekomanma:20170213183652j:plain

バターを常温に戻し忘れたので、500Wのレンジで30秒。
バターが柔らかくなるまで混ぜ、砂糖を入れてさらに混ぜ混ぜ。
ゴムベラがなかったので、炒めもの用のヘラで代用。
しゃもじで作ったことすらあるから大丈夫、大丈夫。
溶きたまごを2回に分けて加え、その都度よく混ぜます。
分離してても気にしない。

f:id:hondananinekomanma:20170213183737j:plain:w300

f:id:hondananinekomanma:20170213184213j:plain:w300


ホットケーキミックスを加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。
そろそろ炒め物のヘラでは厳しくなってまいりました。
ヘラの頭もげそう。
しゃもじのがマシだったかも。
チョコも混ぜ込みます。
スプーンにバトンタッチして力技でねじ伏せる。

f:id:hondananinekomanma:20170213184231j:plain:w300
 
f:id:hondananinekomanma:20170213185036j:plain:w300


クッキングシートを敷いて5cmくらいの円形にまとめていきます。
スプーンは2本使った方がやりやすいです。めっちゃ粘る。
膨らむので、間隔は広めに空けましょう。
うちのオーブンじゃ1回で焼くのは無理だったので2回に分けました。
そしてカリカリが欲しいと訴える猫氏。めっちゃ鳴く。

f:id:hondananinekomanma:20170213185321j:plain:w300
 
f:id:hondananinekomanma:20170213185328j:plain:w300


180度に予熱しておいたオーブンで15分。
焼けたらすぐ取り出して冷ましたら完成です。

f:id:hondananinekomanma:20170213185754j:plain

外はさっくり、中はしっとり。
ホットケーキミックスを使ってるので結構ずっしりした食べ応えです。
1個でも腹にたまるなぁ、と思いながらうっかり次々と食べてしまい、
これ以上食べたら病気になる恐怖をしっかり味わいました。


がまくんとかえるくんシリーズ