本棚にねこまんま

本棚にねこまんま

ねこ と ごはん

【喰う寝るふたり住むふたり】のんちゃんのからあげ&三郎風サラダ

食う寝るふたり住むふたり

町田りつ子(通称リツコ)と野々山修一(通称のんちゃん)は交際10年、同棲8年のアラサーカップル。
周囲からの結婚のプレッシャーや、お互いの生活スタイル、金銭感覚など真に迫った男女間のすれ違いには「あるある!」と自分に重ねてしまうものがあります。
また、1つの話を男女両方の目線から描くことにより重厚なストーリーとなっており、共感や感動も倍増です。

普段の料理担当はリツコですが、2巻「バトルキッチン」では残業続きのリツコに代わりのんちゃんがキッチンに立つことに。
初日は男気全開なパスタを作り、リツコにダメ出しされてしまいます。
オリーブオイルたっぷりで暴力的な黒コショウまみれ、野菜はごろごろ乱切り、輪切り、とにかくデカい。
不味くはないみたいだけど、にんじん生焼けじゃなかろうか…
私だったら例え不味くとも頑張って作ったものに文句つけられたらぶち切れもんですが、「俺が思いつきで作った飯なんかでリツコが満足するわけない」と反省するのんちゃん。
なんて良いやつなんだ…(ほろり)
そして、何か自分にしかできない料理はないかと、奮起したのんちゃんが手にしたのは市販のからあげ粉でした。

f:id:hondananinekomanma:20170219234022j:plain

(出典 喰う寝るふたり住むふたり 2巻/日暮キノコ)

揚げ物は苦手と言っていたリツコの言葉を思い出し、じゃあ作ってあげよう!という気遣いが嬉しいですよね。
でも作っている最中でまたリツコからお小言が…
私だったら頑張って作ってるのに文句つけられたらぶち切れ(以下略)
でもリツコがグチグチ言いたくなる気持ちもすごい分かるんです。
むしろいつも旦那に対してそういうヒステリックババァになってる自覚があるだけに胸が痛い。気を付けねば…

f:id:hondananinekomanma:20170219234123j:plain

数年ぶりに市販のからあげ粉つかいましたが、美味しい!
すごい簡単に綺麗な色に揚がるもんなんですね。
なんとなく市販の粉を使ったら負けだと思ってたんですが、こんなに楽なら今後もお世話になりそう。
ただ一つ、中途半端に粉が余るのが悩ましいところ。

f:id:hondananinekomanma:20170219234235j:plain

(出典 喰う寝るふたり住むふたり 2巻/日暮キノコ)

2人の行きつけのラーメン屋、三郎を意識したサラダ。
本編にレシピはないので、ざっくりと。

もやし 1袋
キャベツ 2~3枚
アスパラガス 2~3本
小葱 適量

★創味シャンタン(チューブ) 小さじ1
★しょうゆ 小さじ1
★ゴマ油 大さじ1
★にんにくチューブ 1〜2cm

アスパラガスは根元を1cm切り、はかまを削いで食べやすい大きさに切る。
耐熱容器に入れて600Wで1分加熱する。
沸騰したお湯にもやしとざく切りにしたキャベツを入れて1~2分ゆでる。
ゆで終わったらざるにあげて水をきり、ボウルへ。
★を混ぜ合わせた調味料を②に加え、よく和える。皿に盛り付けてアスパラと小葱を添える。

※シャンタンがなければ鶏ガラスープなどでも。中華っぽければ大丈夫です。

三郎風サラダ

 

今回は旦那に協力してもらい、からあげを揚げてもらいました。
というのも、私もリツコと同じく揚げ物が苦手で。
後片付けが面倒だし、なにより焼けてるんだかなんだか分かりずらい。
特にからあげは、いろんな作り方を試したけどいつもしっくりこない出来栄えで、いつしか作るのが嫌になってしまいました。
理想の味は実家のからあげなんですが、なにか特別な作り方をしてるんじゃないかと思ってレシピを教えてもらったら、なにも特別なことはなく。
そのうえ調味料は目分量でどばっと。しかも母は肉が嫌いなので一切味見しません。
真似して作ってもうまく再現できないし、なにが足りないんだろうと不思議だったんですが、たぶん人に作ってもらうから美味しいんじゃないかと気づきました。
私だけかも知れませんが、人に揚げてもらったからあげは美味しい
今後も旦那に任せようかと企んでおります。
そのために今日はとにかくおだてておきましたしね。
よ!からあげ名人!!次もよろしく!