本棚にねこまんま

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚にねこまんま

ねこ と ごはん

一瞬でも乗れば良いと思っている話

f:id:hondananinekomanma:20170302191754p:plain

膝を横切っただけでもらえるほど世間は甘くないんだぞ、と。

最近は隙あらば抱っこ練習の毎日です。
くーちゃんはもう2歳半、そろそろ抱っこぐらいできた方がいいんじゃないかと重い腰をあげた次第です。
凶暴だった性格も随分丸くなったのでイケるかな、と。
初めは膝の上でおやつをあげるところから、膝抱っこ、立ったまま抱っこと難易度を上げているところです。
座ったままなら嫌々付き合ってくれますが、立っているとまだダメですね。
安定するようにお尻を抱えたくてもジタバタ逃げ出します。
嫌がった分だけたっぷり慰謝料というカリカリを要求されます。
もしかしてたくさん貰う為に暴れてないです?
おやつ太りする前に、抱っこできるようにならねば…!!

嫌がることはできるだけしたくはないですが、抱っこできないと病院に連れて行く時にとっても不便。
病院に行く時は前日から入念に捕獲の計画をたてて挑むのですが、その打ち合わせの段階で何かを感じ取って隠れてますからね。
勘の良い猫は嫌いだよ…!(うそ!すき!)
いつも部屋の隅に追い詰め、溶接手袋をはめて洗濯ネットを被せ、無理やりキャリーバックに詰め込むというご無体な手順。
少しでも捕まえやすくなればお互いの体力を消耗せずに済むという算段です。
いくら勘の良い猫でも夏の定期健診に向けて今から準備しているとは思うまい。


ちなみに大好きなおやつは”外はカリカリ、中はクリーミー”でおなじみのシーバです。
味のバリエーションが人間からみても美味しそうでおなか空く…