本棚にねこまんま

本棚にねこまんま

ねこ と ごはん

【花とアリス】今さら花とアリス殺人事件観たので感想書く

好きな映画は?と問われれば、「花とアリス」
あの映画に含まれる空気がすこぶる好きです。
夏の夕暮れの気だるい昼寝みたいな。
そうしてうつらうつら見ている夢みたいな。

好きだと言いながら、今までその前日譚である「花とアリス殺人事件」を観ていなかったのは、なんとなく。
元の作品は越えられないだろうし、まぁいつか観ればいいかなと思っていました。
え、本当に好きなの?って感じですが、好きな作品、好きな作者、好きなアーティストそれぞれいるけど、執着がないだけです。
死ぬまでに誰かの熱狂的な信者になってみたいところ。
脱線しましたが、やっと観る機会ができたので、つらつらと感想を書き留めておきたいと思います。


あらすじ

≪史上最強の転校生、アリス。史上最強のひきこもり、花。
二人が出逢ったとき、世界で一番小さな殺人事件が起こった。≫

石ノ森学園中学校へ転校してきた中学3年生の有栖川徹子は、一年前に3年1組で「ユダが、四人のユダに殺された」という噂を聞く。
さらに、アリスの隣の家が<花屋敷>と呼ばれ、怖れられていることも……。
花屋敷に住むという同級生の「ハナ」ならユダについて詳しいはずだと知ったアリスは、花屋敷に潜入する。
そこで待ち構えていたのは、引きこもりのクラスメイト・荒井花だった……。

ユダは本当に殺されたのか?花は何故、引きこもり続けているのか?
ふたりの少女の「世界で一番小さな殺人事件」の謎を解く冒険が、始まる―。

(花とアリス殺人事件公式サイトより引用)

前作「花とアリス」は中学3年の冬から始まります。
対する「花とアリス殺人事件」は、中学3年の夏の終わりにアリスが転校してくるところから始まる2人の出会いの物語。
花とアリスって冒頭からじゃれ合ってて、幼なじみかな?ってくらい仲が良いイメージだったので、出会ってから半年もたってないっていうのが結構意外。
こんなにべったりで、息ぴったりなのに。
あと、花が留年してるってのも初めて知りました。

f:id:hondananinekomanma:20170328144243j:plain

実写とアニメ、それぞれの「花」と「アリス」

どっちも同タイトルでややこしいので、「花とアリス」を実写と「花とアリス殺人事件」をアニメとして記していきます。

実写の「花」 
f:id:hondananinekomanma:20170328144354j:plain:w300
先輩へのストーカー行為が転じて、偽りの彼女となる
嘘をつくのが病的に上手い

アニメの「花」
f:id:hondananinekomanma:20170328144407j:plain:w300
ある出来事をきっかけに不登校になる
アニメの方がさばさばした感じ
相変わらずストーカーだけど…

先輩への恋心から開花したかと思っていたけど、花のストーカー気質は元々だったんだなぁ・・・
思い込みが激しくて周囲を巻き込んで突っ走ってしまう痛い女の子。でもなんとなく憎めない。それが花。
誰しも花のような不格好な一面を持ち合わせているからでしょうか。
花の不器用さや狡猾さは、自分の直せない嫌な部分や、思い出すと過去の顔から火が出そうな過ちを突きつけられているようで辛いんだけど、同時にちょっと愛しくもあります。

実写の「アリス」
f:id:hondananinekomanma:20170328144557j:plain:w300
花の嘘に巻き込まれる
両親の離婚や上手くいかないオーディションの日々に思い悩む

アニメの「アリス」
f:id:hondananinekomanma:20170328144634j:plain:w300
両親の離婚により転校
転校初日から一方的な理由ではぶられる

アニメのアリスは一言で言うとやんちゃな性格。
同級生を殴っちゃう暴力的な一面もあります。
実写の豪胆だけど繊細なアリスとは少し異なるのでなんだか違和感。
アニメのようなアリスならオーディションももっと大胆にやれたでしょうね。

花とアリス殺人事件は面白いのか

結論から言うと、やっぱり元の「花とアリス」は越えられなかった印象です。
別の役者をたてて実写でやっても成功はしなかったと思うし、アニメならではのカメラワークや人物の軽快な動きはなかなか見ごたえがありました。
同級生を足蹴にしてたこ殴りにするアリスとか、実写じゃちょっと刺激が強すぎるもんね。
その一方でそんなアニメだからできる表現のダイナミックさが現実味を欠いてしまっている気がしました。
また、実写の方は伏線の回収が綺麗だったんですが、アニメはあんまり爽快な気分にはなりませんでしたね。
途中でアリスに尾行されてたおじさんは何かの伏線かとかと思ってたんですが、特になにもなく。
アニメ単品としてはすごく良い作品なんだけれど、いかんせん前作が良すぎたというところです。
「花とアリス殺人事件」を観て、続けて「花とアリス」を観て、その名作っぷりを再確認したのでした。

「花とアリス」で一番好きなシーン

f:id:hondananinekomanma:20170328144838j:plain

「うぉーあいにー」
「なにそれ?」
「ないしょ」

この2人が好きすぎて、アリスと先輩がくっつく未来があったっていいじゃないかと切望してしまいます。