本棚にねこまんま

本棚にねこまんま

ねこ と ごはん

【小さなお茶会】レモンゼリー

小さなお茶会レモンゼリー

詩猫(しじん)の”もっぷ”と、奥さんの”ぷりん”
2匹(ふたり)の猫がのんびり暮らす日常を描いた「小さなお茶会」は、1978年から1987年にかけて花とゆめ(白泉社)で連載されていたちょっぴりノスタルジックな作品です。

お茶会が大好きなふたりなので、登場するお茶やお菓子がとっても美味しそうなんですよね。
料理上手なぷりん奥さんが作るクッキーや草もち、チーズケーキ、もっぷ特製のティーフラッペにミルクミントティー、手作りだけでなく”ジャム猫ケーキ店”なんて素敵なお店もあります。
また、乾杯するたびに生まれる色とりどりの”乾杯糖”や、霧のミルクからできる”カニャンベールチーズ”など、空想的な食べものも魅力的です。

今回は作り方が掲載されている「レモンゼリー」をつくってみました。

小さなお茶会
(出典 小さなお茶会/猫十字社)

※詳しい分量は漫画でご確認ください※

レモンは縦半分に切り、ゼリーの器にするので傷つけないように果肉をくり抜きます。


f:id:hondananinekomanma:20170423002901j

ガーゼで絞るとのことですが、そんなもの常備してないのでとりあえずキッチンペーパーで絞ってみる。

f:id:hondananinekomanma:20170423002902j

結果⇒豪快に破けるぞ!\(^o^)/

仕方がないので手絞りです。

f:id:hondananinekomanma:20170423002903j

絵面が酷ぇぇぇ!!!

けど構いません。
どうせ私と旦那しか食わないしな。
手荒れにめっちゃ浸みるので、ひいひい言いながら握り潰しました。

そして種とか皮とかもろもろを茶こしで漉したものがこちらです(そっ)

f:id:hondananinekomanma:20170423002904j

次に水と砂糖をお鍋にかけます、が。

砂糖1カップ?

1カップ?

そ、そんなに???

f:id:hondananinekomanma:20170423002905j

動揺しつつ、せめてもの抵抗に甜菜糖を使用しております。
沸騰前で火を止めて、ゼラチンを溶かし、絞ったレモン汁を入れてかき混ぜます。

f:id:hondananinekomanma:20170423002906j

レモンの皮の器に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。
公式のレシピではレモン4個だったんですが、うっかり2個しか買ってなくて。
レモン汁は2個でも使う分量絞れたので、問題は皮の器が足りなくなるぐらいですかね。
器が足りない分はコップにでも注げばOK。

f:id:hondananinekomanma:20170423002907j

固まったらアラザンをぱらぱら散らして完成。

小さなお茶会レモンゼリー

砂糖入れすぎじゃ…と不安だったんですが、子どもの頃に食べたような味で、しっかり甘くて美味しかったです。
いつもは自分で作るとき砂糖の量は控えめにしちゃうので、たまにはこのくらい甘いのも良いなと思いました。
なんだろう、すごく懐かしい味なんだけど思い出せない…。
美味しくて旦那に1個あげた以外ぺろっと食べてしまいました。肥える。震える。

私はアトピー旦那も食べれるように甜菜糖ですが、上白糖ならもっと透き通った綺麗なゼリーになるはずです。
アラザンは時間が経つと溶けちゃうので、食べる直前にかけてくださいね。

 

この作品、可愛いだけでなくとっても深いんです。
読んでいると、癒されながらも「ううむ」と唸っている自分に気づきます。
不意にはっとさせられるお話がいっぱいで、もっと早く出会いたかったなぁ…と思いました。

私が好きなお話は図書館の回。

小さなお茶会図書館

小さなお茶会図書館

懐かしい本との再会に浸るぷりんと、そんなぷりんを見つめるもっぷ。
仕事の調べもので図書館に来たもっぷの邪魔にならないように、ぷりんは離れて座っています。
別の本を読みながら、隣にいなくても同じことを考えているふたり。
理想的な夫婦だとしみじみ感じるお話です。
図書館を海に例える感性がとっても素敵。


ふたりの毎日はけっして楽しいことばかりではありません。
コップを割ってしまう日もあれば、隣にいないお互いを想って眠れない夜もあります。

小さなお茶会

それでも、どんな日でも支え合って暮らしているふたりの姿を見ていると、いつもよりちょっとだけ旦那さんに優しくしたくなるものです。