本棚にねこまんま

本棚にねこまんま

ねこ と ごはん

箱根に行ったら化石に触ろう!生命の星・地球博物館

旦那「箱根行きたい?」

私「いいね、いつ?」

旦那「明日」

そんなこんなで急遽、箱根旅行してきました。

当日のプランはホテルでバイキング昼食~温泉入って、夕食。
日帰りだったもんで、観光するにも時間がない。
昼食から温泉までの空いた2~3時間で、お土産買うにしてもそんなにかからないだろうしどうしようかしら。
箱根湯本駅近辺でちょいっと1時間くらい観光できる場所はないかな~とノープランでうろうろ。
そんな時に、ホテルのロビーにあったパンフレットを見て「ここだ!」とピンときたのが『神奈川県立生命の星・地球博物館』でございます。




箱根の玄関口、箱根湯本駅の隣駅「入生田」
入生田といえば「鉄道少女漫画」の”彼の住むイリューダ”を思い出します。

小田急沿線を舞台にした繊細で美しい短編集。
駅員さんイケメンっす。

そんな入生田駅から徒歩3分。

駅からも見える大きな建物なので道に迷うことはありません。

生命の星・地球博物館

館内に入ると受付のお姉さんが券売機に案内してくれます。
大人は520円、中学生以下は無料。
(詳細は公式HPにて▼http://nh.kanagawa-museum.jp/

県立だけあって観覧料は良心的ですね。

エントランスにはヒグマの標本や、古代魚や恐竜の骨格標本。
そして、ふと見上げれば吹き抜けの天井にプテラノドン。
期待に胸が高鳴る美しさです。

生命の星・地球博物館

展示室に入ると、まずは「地球を考えるゾーン」
大型の隕石や、珍しくて美しい岩石や水晶の数々。
中でも本物のアンモナイトの化石を惜しみなく使った壁は圧巻です。

生命の星・地球博物館

そしてこの博物館の売りは”触って学べる”ということ。
通常の博物館では「触らないで」と表示があったりするものですが、この博物館ではガラスケースに入っていないものはほとんど触れます。
うろ覚えですが注意書きも、「みんなのものだから優しく触ってね」みたいな感じでした。
もちろん”壊さないように”は鉄則ですので、小さなお子さんには親御さんが付いていてあげましょう。

生命の星・地球博物館

触りながらこれが大昔は泳いでいたのかと思うと不思議な気持ちになります。
しかもこんなにいっぱい…ぞぞぞ。


お次は「生命を考えるゾーン」
ここがこの館で一番の見どころです。

f:id:hondananinekomanma:20170801085735j

高い天井から吊り下げられた恐竜やクジラ。
f:id:hondananinekomanma:20170801085733j

サメや鳥もいます。
f:id:hondananinekomanma:20170801085730j

f:id:hondananinekomanma:20170801085734j

まるで頭上を飛び交ってぴるかのようで圧倒されてしまいます。
そして所せましと並べられた動物の標本たち。

生命の星・地球博物館

自然界では絶対に揃わない顔ぶれに、大人でもわくわくすること間違いなしです。
個人的に一番気に入ったのはカモノハシさん。
卵を産む哺乳類としても有名ですね。
カモノハシと聞いてファンロードが思い浮かぶあなたとはきっと良い酒が飲めそう。

f:id:hondananinekomanma:20170801085731j


他にもコームパッシア・エクセルサという巨大樹の根っこは、普通に生きていて木の根を下から見ることなんてまずないので新鮮な驚きがありました。
樹の下に埋められたらこんな感じなんだろうか。
写真は撮り忘れました。

そして蝶や虫の標本もすごいです。
とはいえ、死んでいても虫は怖いので遠目に見ました。


3階の展示は「神奈川の自然を考えるゾーン」「自然との共生を考えるゾーン」「ジャンボブック」となっていて、時間が押していたのでこの辺りはさらっと見て回りました。
1階のような派手さはないですが、展示が個性的で面白いので今度行く時にはじっくり見て回りたいですね。

f:id:hondananinekomanma:20170801085737j

貝の展示では魚やカニの形に並べられていたり、ジャンボブックはまんまでっかい本です。

f:id:hondananinekomanma:20170801085738j

また、2階はライブラリーになっていて、展示を見ていてもっと詳しく知りたい!と思ったらすぐに調べに行けます。

おわりに

急ぎ足で1時間ぐらい見て回りましたが、全部の展示をじっくり見ようと思ったら半日ぐらいかかりそうです。
子どもはもちろん、大人も「すげー!!」とはしゃいでしまうぐらい楽しい展示がいっぱいありますよ。
次に箱根に行く時もまた行きたいと思います。
箱根湯本駅から近いので、箱根旅行で時間が余ったらぜひ思い出してくださいな。

箱根旅行のおまけ写真たち

えう”ぁ屋のエヴァソフト。うっかりうちわに焦点当ててしまいました。あと、背景が消火栓。
芋と抹茶の初号機カラーがたまりません。
見た目はアレですが味は普通です。
エヴァソフト

あとね、この絵柄の元々のイラストはこちらなんですよ。
f:id:hondananinekomanma:20170801085741j

この上手いこと2人で1個のソフトクリームをつつき合ってるように配置してらっしゃるのがね、腐女子へのメッセージ性を感じますよね。
ちなみに裏面は女子たちです。

www.evastore2.jp


デリ&カフェテラス みつき の生トウフシェイクとうめジュース。
めっちゃ豆腐味。
疲れた体に沁みわたる~
生トウフシェイク


湯本富士屋ホテルの玄関前の金魚たち。
手をかざすと\エサくれ!/とばかりに群がってくる可愛さよ。
f:id:hondananinekomanma:20170801085725j
しかし夜になると餌をもらった後だったのか、まったく寄ってきてくれなくなりました。
寄ってきたのは蚊だけ。

みなさんも楽しい夏休みをお過ごしくださいませ。

 
おしまい(´・ω・`)